【日本一の刀の生産地「関」で生まれる】伝統工芸品 蘇える名刀

岐阜の関発
伝統工芸品 蘇える名刀
日本一の刀の生産地、関市で職人が丹精込めて作る刀剣
こちらからお買い求めいただけます。
こちらからお買い求めいただけます。
詳細情報

【BLESSWORLD刀剣】

関の職人が丹精込めて作る繊細な刀剣

関という町は、室町時代より続く巨大な日本刀の生産地であり、

その生産能力は、日本一と謳われるほどであった。

個人で刀鍛冶をしている鍛冶師は全国的に見られるが、

組織としての刀鍛冶は、今では関だけになっている。
関刀は最も美しく、最も洗練された日本刀である。

【日本の歴史上の偉人の刀剣を中心に刀剣を作ります。】

村正や正宗の本格刀剣も、村正作の一振と正宗作の一振を川に突き立ててみたところ、上流から流れてきた葉っぱが、まるで吸い込まれるかの如く村正に近づき、刃に触れた瞬間真っ二つに切れた。

一方正宗には、どんなに葉っぱが流れてきても決して近寄ることはなかったという。

刀匠の年代が全く違うものの、この二振の違いを表す有名な逸話である。
仙台等の博物館を鑑賞して、関の職人との打ち合わせを重ねて、精巧に仕上げております。

 

【信長、光秀、道三の肖像画は、お寺の承認を得て掲載。】
信長は長興寺、光秀は本徳寺、道三は常在寺。それぞれ肖像画は所蔵しているお寺の承認を得てここに掲載しております。

今後も、日本の宝物である名将の刀剣を忠実に再現すべく職人と共に分析を重ね、手に取れば武将の息吹が伝わるような模造刀をお届けしてまいります。

 

【戦国武将家紋入り包丁】

ギフトにもおススメ商品。包丁を 贈刀(贈答)しよう!

一度使うと手放せない!見た目にも機能性にもこだわった逸品!

『斎藤道三』、『明智光秀』の両名は、戦においても戦況を支配し幾多の合戦を乗り越えてきました。

料理も支配する鋭い切れ味の包丁になってほしいとの願いを込め、ハンドル部分の鋲にそれぞれの家紋の入った粋なデザイン。

 

 

 

すべての投稿
×